院長紹介

院長紹介

院長あいさつ

院長あいさつ

南波眼科のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

毎日の生活の中で、眼の果たす役割はとても大きなものです。

その大切な眼を守る眼科学は飛躍的に進歩しています。

私たち南波眼科職員一同は、こうした高度の医療技術を素早く取り入れながら最高水準の医療機器を用いて常に皆様に最新・最善の眼科医療を提供できるよう、たゆまぬ努力をしていきたいと考えております。

皆様のかけがえのない「眼」について何なりとご相談下さい。

あいさつ

院長

院長

院長
■院長 南波久斌
(昭和22年生)医学博士・日本眼科学会認定専門医
■所属学会
・日本眼科学会
・日本眼科手術学会
・日本緑内障学会
・American Academy of Ophthamology
■専門分野
緑内障、白内障
■院長経歴
昭和47年東京大学医学部卒業
眼科文部教官助手
昭和53年関東労災病院眼科部長
昭和57年東京大学眼科非常勤講師
東京大学眼科緑内障専門外来担当
平成3年南波眼科院長

副院長

副院長

副院長
■副院長 南波藍子
(昭和21年生)日本眼科学会認定専門医
■副院長経歴
昭和48年東京女子医科大学卒業
東京大学眼科助手
昭和54年関国立三宿病院眼科
平成3年南波眼科副院長